デリヘルで働くということ

デリヘルや風俗で働くひとは知っておいてほしいことがあります。
それはお金が無くなれば風俗で働けば良いという考えは危険、ということです。

生活のためというケースや、目標があって、ということでないと風俗で稼ぐお金というのは通常の同じ時間で働く場合より格段にたくさん稼げて、しかも日払いでもらえることで、お金が無くなったら働けばよいという、言ってしまえば男性の日雇い労働者と同じ、将来性をあまり考えない生活スタイルになってしまいがち、ということです。

日払いで数万円から十数万円もらえる場合もあって、それでちょっと働いたらまたしばらくは遊ぶというのでは、たとえば若くてきれいな今なら通用しても、それはニーズがあるからであり、もし自分にその価値が無くなってしまった時、通常の感覚とそのズレに苦しむことになりかねません。

私は男性ですが、毎月決まった金額+頑張った分がもらえるという生活だからこそ、予定を立てたり、節制をしたり、計画を立てることができるようになります。
頑張ろうと思った時、必ずしも目標としている金額が手に入らないこともあるわけで、その不安をいつも考えなくてはならない生活はつらいものです。

「ズレ」という部分ですが、この毎月決まった金額を、決まった仕事をこなしてもらうケースよりも、あまりにたった1日にでもらう金額の差が大きいという分の事を指します。
金銭感覚がズレてしまう事はもちろん、仮にもう風俗を辞めようと思っても、昼間の仕事で稼げるお金との乖離に苦しむことになります。



Copyright © 2014 デリヘル嬢になりたい人へ All Rights Reserved.